093-642-8181
  • 093-642-8181
  • リノベ見積もりシミュレーター
  • 資料請求お問い合わせ

ブログBLOG

  1. 北九州の店舗設計・リノベーション
  2. > 団地deリノベ
  3. > ブログ
  4. > 団地deリノベ Vol.2・3*施工日記【3】

2020.03.23 [ 団地deリノベブログ ]

団地deリノベ Vol.2・3*施工日記【3】

こんにちは、ディックです。

ただいま「団地de リノベ」プロジェクト2020、北九州市八幡西区の物件で

リノベーション工事中です。今回は、施工日記【3】をお届けします。

 

 

前回までは床や壁の下地組の状況をお伝えしました。着々と工事は進み、

軽量鉄骨(LGS)に石膏ボードが張り進められていき間仕切壁が立ち上がりました。

 

天井や梁・壁の寸法に合わせてカットし、張っていきます。

 

 

壁の厚みを考慮して扉枠の見込み寸法(奥行寸法)を決定します。

 

棚板のスリット柱を直貼りする場合など、補強が必要な場合にも

壁にベニヤ板を使用します。

 

 

 


 

トイレと浴室の床補修工事も行なわれました。

以前の水まわりはタイルで仕上がっていました。

解体工事の際にタイルをはがしたことで、解体後は凸凹が目立ってしまいました。

 

 

ハツリで発生してしまった凹凸を無くすために、床をモルタルで均していきます。

 

 

キッチンの床レベルに合わせてモルタル仕上高さを墨出し、均一にならして仕上げています。

 

 

浴室の補修が整った後に、ユニットバスが取り付けられました。

 

今回のユニットバスは新しいお部屋のテーマに合わせ、アクセントパネルに遊び心のあるカラーをコーディネートしてみました。

 


 

天井や壁が立ち上がった後は塗装や壁紙など、内装の仕上工事が進んできました。

 

壁や梁はもちろん、木枠や窓枠の細かな所まで塗装で仕上げていきます。

「団地deリノベ vol.2」のお部屋では、化粧梁が特徴のひとつになっています。

オイル塗装を施したことで、一気に風情のある印象に変わりました。

 

 

浴室とトイレまでの動線は既存のコンクリート壁に塗装を施し、綺麗に仕上げています。

 


 

そして、壁紙も着々と貼り進めています。

石膏ボードの継ぎ目やビス穴をパテで埋め、凹凸を無くして表面を滑らかにしています。

 

今回の「団地deリノベ」は、お部屋の雰囲気が2件で異なります。

それぞれに合わせたアクセントカラーの壁紙も、魅力のひとつになっています。

 

 

「団地deリノベ」工事、完成まであと少しです。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

では、次回の「施工日記」もお楽しみに。

 

 

「団地deリノベVol.2,Vol.3」詳細ページへ

 ※物件紹介ページはHP会員登録が必要です。

 

 

 

★★★北九州市のこだわりリノベーション・リフォームなら★★★

株式会社ディック
福岡県北九州市八幡西区鷹の巣1-10-21
TEL 093-642-8181
お問い合わせは https://duc.jp/contact/