093-642-8181
  • 093-642-8181
  • リノベ見積もりシミュレーター
  • 資料請求お問い合わせ

コラムCOLUMN

  1. 北九州の店舗設計・リノベーション
  2. > コラム
  3. > リノベーションで後悔?知っておきたいメリット・デメリット!

2022.03.01 [ コラム ]

リノベーションで後悔?知っておきたいメリット・デメリット!

 

最近「中古を買ってリノベーション」という選択をする人が増えてきています。

メリットが多く語られていますが、もちろんデメリットがあることも忘れてはいけません。

 

「リノベーションのデメリットは?」

「新築を買うより費用が抑えられる?」

「失敗しないために気を付けることは?」

 

今回はこういった疑問にお答えします。

住宅は人生の大きな買い物です。決断を急ぐ前にまずはこの記事で、メリットとデメリットを把握した上で検討してみてください。

 

 

リノベーションのメリット

 

 

リノベーションは、既存住宅や中古物件を改修し、性能を高めて新たな価値を与える空間づくりです。古くなったからと壊してしまうのではなく、使えるところは再利用します。

 

環境負荷も少ないため、エコな住宅であるといえるでしょう。

ほかにもメリットとして、以下のような点が挙げられます。

 

 

費用を抑えられる


 

新築を購入するより、中古を買ってリノベーションをした方が、費用を抑えられるといわれています。

新築の場合、物件価格のほかに広告費なども上乗せされているため、価格は割高になっています。

同じような条件で新築とリノベーションを比較すると、リノベーションをした方が20〜30%費用を抑えられるようです。

 

 

自由な設計ができる


 

リノベーションは間取りの変更、水回りの移動など、自由な設計ができるのが魅力です。戸建ての場合と、マンションの場合で条件は多少違いますが、おおむね自由な設計ができます。

 

これに対し新築の場合は、すでに間取りやデザインが固定されているので、住まいに合わせてライフスタイルを変えなければならないことも。リノベーションであれば、一人ひとりのライフスタイルに合わせた設計ができます。

 

注文住宅でも可能ですが、高額な費用がかかる上、工事期間も長くなるでしょう。

 

 

希望のエリアに住める


 

駅の近くや商業施設の近くなど、人気のエリアにはすでに多くの建物が建ち並んでいます。新築をこういった人気のエリアで探すとなると、難しく時間もかかるでしょう。

 

中古物件であればエリアの制限が少なく、駅チカ10分圏内や人気の文教地区など、エリアの選択肢も増えます。

中古マンション、中古戸建てをリノベーションする場合は、人気のエリアに住める可能性が高くなります。

 

 

リノベーションのデメリット

 

 

リノベーションには多くのメリットがありますが、いいことばかりではありません。

考えられるデメリットは、以下のような点が挙げられます。

 

 

修繕工事に意外と費用がかかる


 

中古物件をリノベーションする場合は、建物が著しく古かったり、耐震基準を満たしていなかったりする場合があります。そういった場合は、修繕工事に意外と費用がかかってしまい、はたまた新築購入よりも高額になることもあります。

 

ただし、耐震工事をおこなう場合は、国から助成金がでることもあり、活用すれば費用を抑えることもできます。

国や都道府県によって、独自の助成金制度を設けている場合がありますので、調べてみるといいでしょう。

 

▼関連記事
【先着順】北九州で使える超お得なリノベ・住まいの補助金3選

 

 

間取りや水回りの変更ができないこともある


 

自由な設計ができるのがリノベーションのメリットの1つでした。

しかし、場合によっては工事に制約があることがあります。

特にマンションの場合は、管理規約があるため工事ができなかったり、構造上水回りが変更できなかったりすることがあります。

 

したがって、中古物件選びは重要なポイントです。リノベーションする前提で、間取り変更はできるのか、水回りは変更できるのか、構造をチェックしておく必要があります。

 

▼関連記事
リノベーションに適した中古物件探しのポイント

 

 

入居までに時間がかかる


 

中古物件を購入したあとにリノベーションを着工するため、実際に入居するまでには時間がかかります。購入してすぐに入居できる新築とは違い、工事の間は仮住まいが必要になることも。

 

しかし、部分的なリノベーションであれば、入居しながらの工事もできる場合があります。住宅に住みながらのリノベーションを希望の場合は、担当業者に相談してみましょう。

 

 

リノベーションで後悔しないために気を付けるポイント

 

 

リノベーションのメリットとデメリットが理解できたでしょうか。

事前にデメリットを把握していれば、リノベーションの失敗を回避することもできるはずです。

リノベーションでよくある失敗の例としては、次のようなものが挙げられます。

 

「思ったよりも予算を大きく超えてしまった」

「デザインはいいけど生活動線が不便になってしまった」

「要望がうまく伝わってなかった」

 

ここでは、こういった後悔を防ぐために、気を付けるべきポイントを紹介します。

 

 

やりたいことに優先順位を付けましょう


 

「思ったよりも予算がオーバーしてしまった」という事例もあるように、限られた予算内で全ての要望を満たすのは至難の業。あれも、これもと好きなことをしてしまうと予算オーバーどころか、統一感のない空間になってしまうこともあります。

 

リノベーションを成功させるには、やりたいことに優先順位を付けて、リノベーション業者としっかり話し合い、方向性を立てていくことが大切です。

 

希望の予算を抑えることが最優先であれば、予算に合った提案をしてもらえますし、予算内で「できること」「できないこと」も明確になります。逆に予算にそこまで重きを置かずに、デザイン性や利便性を重視したい場合は、内装や設備にこだわってもいいわけです。

 

優先順位を付けて、担当業者としっかりすり合わせすることが成功の秘訣です。

 

 

デザインだけじゃない、未来のことも考えた設計にしましょう


 

デザインは思い通りになったけど、住んでみたら不便だったなんてこともあります。

 

例えば、リビングを広くするためにほかの部屋を狭くしたり、収納スペースをなくしてしまったりなど。

 

将来的に子供ができたり、物が増えたりした場合は大変不便になります。子ども部屋にベッドが入らない、収納するスペースがないなど、問題が生じてきます。

 

長く住み続ける住まいであれば、今だけでなく、将来自分たちが住み続けられるのかも考えてみましょう。

 

 

実績のあるリノベーション会社を選びましょう


 

リノベーションを成功させる秘訣は、担当業者とのすり合わせにあると述べました。そのためにも、会社選びは重要です。

 

話し合いで要望はしっかり伝え、疑問点はクリアにすることが大切です。レスポンスが遅く、打ち合わせに応じてくれない業者は避けた方がいいでしょう。

 

とはいえ、ネットで検索するとたくさんのリノベーション会社がでてきて、何を基準に選んだらいいのか悩んでしまいます。

 

そういった場合は、ホームページに載っている施工事例を確認することをおすすめします。どこのリノベーション会社にも得意分野があるものです。自分の理想のリノベーションが実現できるのか、施工事例をみながらイメージし、気になる業者を見つけたらいくつか問い合わせや、資料請求などをしてみると参考になります。

 

 

まとめ

 

 

リノベーションにはメリットも多くありますが、デメリットもいくつかあります。しっかりデメリットを踏まえた上で検討してみてください。

 

デメリットで述べたように、リノベーションに適した中古物件選びは重要です。リノベーション会社の中には、中古物件探しから、リノベーション、その後のサポートまで一貫しておこなっている業者があり、こういった会社がおすすめです。

 

中でも北九州市の株式会社ディックは、多くの施工実績があり、中古物件探しからアフターサポートまでワンストップでおこなっているリノベーション会社です。
リノベーションに適した物件かどうか、耐震強度を満たしているかなど、プロの目から判断してもらえるでしょう。個別相談や中古物件内覧サービスも無料でおこなっています。まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

リノベーション個別相談

 

 

★★★北九州市のこだわりリノベーション・リフォームなら★★★

株式会社ディック

福岡県北九州市八幡西区鷹の巣1-10-21

TEL:093-642-8181

ディックHP:https://duc.jp/

北九州のリノベーションならディック